海外FX口座の解説サイトです。日本語サポートの充実した優良海外FX口座開設方法や、入出金について解説します。

海外FXは安全なの?~海外FX業者の安全性の見極め方~

      2015/09/26

 -海外FXについて知ろう  -


皆さんがもっている海外FXのイメージはどんなものでしょうか。

 

国内のFX業者にないメリット
最大レバレッジが400倍以上
豪華なコンテスト・ボーナス入金
追証がないゼロカット制度

 

などなどたくさんあります。

 

近年では、日本でレバレッジ規制がはじまり、海外FX業者の需要はますます高まっています。

 

一度使い始めれば日本のFX業者同等か、もしくはそれ以上のトレード環境に加え、上記のようなメリットがあるので、気づけばメインが海外FX業者になっているほどです。

 

しかし実際、まだまだ多くの日本人トレーダーは海外FX口座を開くことに躊躇しています。

 

その最も大きな理由は海外FX業者の『安全性』が心配だからでしょう。

 

海外FX業者を信用してお金を預けてもいいのか?出た利益はしっかりと出金できるのか?
このように心配するのは当然です。

 

結論から言うと

【海外FX業者はほとんどが優良。しかし、中には詐欺的な業者が存在する。】

ということです。

 

なぜ、このような結論に至ったか、ここでは海外FX業者の安全性の見極め方について解説します。

 

海外FX業者の安全性を見極めるポイント

金融ライセンスの有無

これは世界で共通していえることですが、金融ライセンスを登録するには厳格な基準が設けられています。

 

ですので金融機関(日本でいえば金融庁)に登録されているFX会社はその国で正規のブローカーとして認められていることから一定の信頼を持てる業者であるといえます。

 

反対に金融ライセンスを持ってない、もしくは金融機関に無届の海外FX業者はかなり危険です。

 

無届のFX業者はいつ破綻しても、突然顧客の資金を持ち逃げしてもなんの文句も言えません。

 

『海外FX業者を利用していたら突然資金を持ち逃げされて連絡が取れなくなった』
 
『出金願いを出しても無視され出金ができないままだ。』

 

などの噂が流れることがありますが、これらのトラブルのほとんどが金融ライセンスを保有していない海外FX業者で起こることです。

 

ですので海外FX業者で口座を開設する時は必ず金融ライセンスの有無について確認しましょう。

 

また、日本の金融庁のライセンスを持った海外FX業者はないのか?と疑問に持つ方もいるかもしれません。

 

海外FX業者の場合は金融庁に登録は受けていません。

 

金融庁の許可をとるのが難しいからといった理由ではなく、

 

金融庁に登録されるということは
↓↓↓
最大25倍のレバレッジ規制が国内業者と同様に課せられるということになる

 

これが金融庁に許可を取らない理由です。

 

実は、日本の金融庁でFX業務を行う許可を取るのは容易です。

 

資本金5000万円を用意して、レバレッジ規制などの基準に従い、審査に通れば大手を振ってFX業務ができてしまいます。

 

ですので一昔前はあれほど日本のFX業者は悪徳業者や、詐欺業者が横行していたのですね。

 

海外のFX業者、例えば欧州のライセンス取得基準は日本よりはるかにハードルが高いです。

 

必要な自己資本は20,000,000ドル、日本円にして20億円超です。日本で資本が20億円を超えてくるFX業者となればその数は半分以下に減ることでしょう。

 

ですので海外FX業者は金融庁のライセンスを取れないのではなく、取らないのです。

 

資産保全の種類

日本国内のFX業者では、信託保全が義務づけられています。

 

これによって、万が一FX業者が倒産しても、顧客資金は信託銀行で管理されているため顧客の証拠金が保全されています。

 

しかし、海外FX業者の場合はこの規制がありません。

 

海外FX業者の資金管理の多くは分別管理という方法をとっています。

 

日本国内のFX業者では
信託保全が義務づけられている
>海外FX業者の場合
この規制がない

 

これは、会社の経営資産・資金と顧客の資産を別々に保管する、という意味です。

 

別々の口座で管理されているわけですから、突然顧客の資金を持ち逃げするなんてことは起こりえないですが、信託保全よりも安全性は低いのも事実です。

 

しかし、実際のところ金融ライセンスを保持していて、資金管理が分別管理のFX会社がいきなり顧客の資金を持ち逃げしたという話はいまだかつて聞いたことがありません。

 

海外FX業者の中には日本の業者と同じように信託保全のカタチを自発的にとっている業者も存在します。

 

その業者の一つがXMで、もっとも審査基準が厳格である英国FSAライセンスを取得しています。

 

これによって、万が一XMが破産しても最大20,000ユーロ(約260万円)の信託保全を受けることができます。

 

「海外FXは安全なの?~海外FX業者の安全性の見極め方~」まとめ

金融ライセンスを持っている海外FX業者ならば、保全方法にそこまでこだわる必要なしってことやな!
保全方法が信託保全なら、なお安心や。
ただ、無届の海外FX業者には絶対手だしたらアカンで!痛い目みるで!
ちなみにこのサイトで紹介している海外FX業者は全部金融ライセンス取得済みやから安心しいや!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6   follow us in feedly
  • Click♪ にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ

  関連記事

総合ランキング第1位の海外FX業者やで

第1位:XM/XEMarkets(エックスエム)

XM/XEMarkets(エックスエム)ロゴ

世界最高レベルの取引環境をあなたの手に・・・。日本人顧客満足度ダントツ一位!

xm
 

4.18

[口コミ56件]

日本語
OK
認可
CySEC・FSA
口座
MT4/ECN
  • レバレッジ
    最大レバレッジ
    888倍
    ボーナス
    追証
    追証なし
  • スプレッド
    米ドル/円(pips)
    1.80
    ユーロ/円(pips)
    2.60
    米ドル/ユーロ(pips)
    1.7
  • 約定力
    平均値(秒)
    0.336
    最高値(秒)
    0.019
    執行率(%)
    99.92
  • 取扱い銘柄
    通貨ペア
    57
    貴金属
    4
    CFD銘柄
    42

※貴金属はパラジウム・プラチナを含む。

xm

PICK UP!口コミ

  

サポートがいいby ミキオ

★★★★★5

何かとわからないことがあるとメールでお尋ね。すると、時間はすこしかかるが丁寧過ぎる回答が届く。信頼できます! 続きを読む

最大レバレッジ888倍で追証なし!
約定スピードの強化、注文執行率の最大化』に最も力を入れており、 全取引注文の100%執行を経営方針に掲げています。 100%ボーナス入金など、入金ごとに取引資金として利用できる ボーナス入金も他社を寄せ付けない豪華さ! 顧客の資金は経営資金と分けてバークレー銀行に保管され、 20,000ユーロまでの信託分別管理で安心です。 最近スキャルピング用の超低スプレッド口座『XM Zero口座』も 新たに開設し、あらゆるトレードスタイルに対応しています。